2019.1.12 Nat Monk Fes Vol.1 出演者

【Special Guest】


仙人掌

1982年生まれ、東京都江戸川区出身のHIPHOP MC/ラッパー。00年代前半にDOWN NORTH CAMPへの合流を経て、06年にISSUGI,Mr PUGとのHIPHOPグループMONJUを結成。08年に『Black de.ep』でCDデビュー。11年に1st MIXCD『LIVE ON REFUGEE THE MIXTAPE』を発表し、本格的にソロ活動をスタート。以降、国内を中心としたLIVEやコラボレーションを積極的に行うほか、12年末よりクラウドファンディングによるプロジェクト"RAW DEAL"を開始し、その中で発表され各方面から賞賛された幻の1st ALBUM 『Be In One's Element』16年には流通作品としては初となる1st オフィシャルALBUM『VOICE』18年春にはEP『WORD FROM...』等、これまでにREMIXを含む5枚のアルバムと1枚のストリートMIXCD、そして2枚のEPを発表している。国内外の他アーティスト作品への数多くの客演参加やストリートカルチャーマガジンOllieによるHIPHOP特集号でのCOVERへの抜擢、映画作品へのAct Coachやアパレルブランドのイメージビジュアルを務めるなど活動は今日まで多岐に渡りシーンを超えて注目されている。

18年夏には2nd ALBUM『BOY MEETS WORLD』を在NYの盟友DJ SCRATCHNICEのフルプロデュースによりリリース。19年にはBUDAMUNK,ILLSUGI,CRAM,Aru-2ら日本を代表する世界的BEATMAKER達が集結し制作された『BOY MEETS WORLD REMIX』を発表し、中国上海で海外での初のLIVEを成功させるなど、東京最高峰~Tokyo Highest MC~と称される実力で日本国内から海外にまで遂にその名を広める事になった。現在MONJUによるフルALBUMと自身何枚目かのソロ作品を製作中。

DOGEAR RECORDS/WDsounds. TOKYO 2019


Budamunk

BudaMunk (ブダモンク)。新宿生まれ。96年にLos Angelesに渡り、在住中にビートを作り始める。2006年に帰国後Sick Team、Green Butterとしての活動や、自身のソロなど数々のプロジェクトをJazzy Sport、Dogearからリリース。企業CMの音楽を担当する傍ら、さらに深いアンダーグラウンドな動きも活発化させ活動の幅を広げてきた。現在も国内、海外のアーティストとのセッション、ビートメイクを繰り返し、USのDelicious VinylやFat Beatsからリリースするなど日本だけではなく海外のシーンへも多大な影響を与えている。

FKD

千葉県千葉市出身、beatmaker/DJ。 幼少期よりストリートダンスを始め、USストリートカルチャーの00年代のクラブミュージックに影響を受け16歳からDJをスタート。その後J DillaやLOW END THEORYを初めとしたLAの音楽シーンに出会い大きな影響を受け、制作活動を開始。現在はHIPHOP、JAZZを筆頭に様々な音楽要素を踏襲したグルーブと感性、そして「踊れる音楽」を強みにbeatmakerとして活躍の幅を広げる。2019/5月には福岡はOILWORKS Rec.よりビートアルバム”EGO TRIP”をリリース。2019年/10月からは自身のレーベル”PubRec”でのプロデュース活動も行う。東京を中心に活動するゆとり世代クリエイティブ集団「VIBEPAK」の主宰者でもあり、独自の感性を持った仲間達と共に、ダンス/音楽/映像/アートを軸に日夜カルチャーに関わる実験的な遊びを広げている。


田村なみちえ 

1997年生まれ。東京藝術大学先端芸術表現科4年生。着ぐるみなどの立体造形を中心にラップ・詩・歌・身体パフォーマンスを用いる。その表現は単純に二分化されている知覚にグラデーションを起こすための装置である。

KAAT×高山明/Port B「ワーグナー・プロジェクト」(2017)ワーグナークルー 未来ドラフト2018 ムラサキスポーツ賞・オーディエンス賞 東京藝術大学 学内賞 平山郁夫賞受賞。


PJ POM 

10代からそのキャリアをスタートさせて以降、沖縄県内人気クラブの看板DJを務め、その活動の幅を更に広げ、現在は東京を拠点に活動している。

JAPANESE HIPHOPシーンで最重要人物でもある“KOJOE”の専属BACK DJを務め、さらに、ストリートマガジン“Ollie”にPICK UPされ特集されるなど、その頭角を表しつつある。

最近では、大手ラジオ局“J-WAVE”からMIXが配信、INTER FMの人気HIPHOP番組“TOKYO SCENE”にゲスト出演、生プレイを務めるなど、BACK DJのみならず“DJ POM”自身の色が落とし込まれたDJ PLAY、MIX CDが注目を浴びつつある。

東京にて仲間と共にイベント“ユンタクパーラー”を主宰。

さらにはユンタクパーラークルーで、数々のイベント、フェスに出演しジャンルレスなオリジナルスタイルが話題となっている。

地元・沖縄宜野湾真志喜をHOOD UPし続け、数多くの耳の肥えたヘッズを沸かし続けている。

1992年式LETHAL WEAPON “DJ POM from CARAVAN RECORDS”。


【Release Guest】


Vue du monde

2nd Album "ZEN ROADS" 2019.12.4 リリース

昨年発表した『NEW CLASSIC LEADER』(仙人掌、kiki vivi lily、maco marets参加 !)も話題を呼んだ Vue du mondeが早くも全16曲フル・ヴォリュームのアルバムを完成。“禅”“アンダーグラウンド”“chill”を コンセプトに1枚のアルバムで3部構成を展開、BASI~maco maretsらのプロデュースで知られる東里起や、 OILWORKS Rec.からOlive Oil、そして「circus」のヒットで知られるshowmoreなど、豪華プロデューサーを 招き制作した、スピリチュアルでメロウな新作『ZEN ROADS』リリース決定 ! 今作もFEAT.仙人掌 !

MC兼Beatmaker フランス語で"世界観"の意が、ほぼ世界一周を旅して受けた、様々なインスピレーションによって書き上げた リリックを、ジャズなどのサンプリング・トラックにのせたサウンド・スケープを展開! リスナーに問いかける強いメッセージ 性を帯びたその言葉の数々は聴く人の価値観・世界観に変化をもたらすかのよう。

クルーのGroove Factory でもネット限定『Groovy World』を配信。近日m-al全曲プロデュースでEPをネット配信予定。

Nat Monk records


【LIVE】


MANOS

某都某区某所6Fにあるsweets pardiseに集うPlayers。実際の所、所属人数についてはそれぞれ意見が異なります。深い意味はございません。一つ共通項を上げるとするならば、消費量が収益に対して、大きく上回っております。ノリでございます。その様なノリの結晶でこのGameはOgもYounggunもGangsterもBitchも、心のさみしい人ばかり、そんな皆さんの心の隙間をMANOSがお埋め致します。


VANGALF

未定


KIYO a.k.a Nakid

‪LowCulTokyoに所属しMC、オーガナイズ、酒場digまで幅広くこなし活動中。‬

‪過去には所属グループにてGoOut Camp、earth gardenなどの野外フェスにも出演をしている。‬


安瀬まりな

唄い手。20歳より、歌謡曲からソウル、ファンクなどブラックミュージック等を都内ライブハウスやライブバー等で唄い始める。大学時代に結成したミクスチャーバンド"サムワイズ"ではvo.を務め、2016年に1stアルバム「SOME WISE」を自主リリースした後、解散。その後は、ソロ名義でラッパーの客演として音源、イベントへ参加したり、ベーシスト兼トラックメイカーのZombieskiiとのユニット"Mojo the Experience"のボーカルとして都内のクラブ、バーを中心に活動。現在では、ソロ活動も行っておりオリジナル曲、カバー曲、他にDJとの即興など、歌う。


Felipe

ラッパー


Tsuyoshi Kawaguchi

山梨県出身

トラックメイクはもちろん、ラップ・歌もこなすマルチプレーヤー。

1st Album "Tree" では、ゲストにPONY、TKda黒ぶち、カルテット.NAL、Jinmenusagi、Itto、kiki vivi lilyなど、人気アーティストが集結。

“HIP HOPを聴き慣れないリスナーにも届くサウンド”を意識し、HIPHOPをベースにしながらも様々なクロスオーヴァーが今後の活動を予見させる。


yae

未定


【Dance, Drum 】


ひややっこ

今年繋がった4人組。
シティなグルーヴで活動するヒップホップしばえりとりえ、湘南発のモルツブラザーズのミックスチューン。


the mantle brothers

世にも不思議で摩訶不思議なアンダーグラウンド探検隊 with LSD Sound System.


【DJ】


泰山北斗

都内、名古屋、沖縄のラッパーへトラック提供などをする傍ら自らもビートライブやパーティー主催などマルチに活動するトラックメイカー。

機材はAKAI2000XL、MPC LIVE。90sフレイバーを量産し続けている。


HIROMI

LAのBEATシーンに強く影響を受け、主にLAのレーベルから発信される楽曲を中心にHIP HOP、DISCO、SOUL、FUNK、DUBなど黒さを持ち味とした幅広いプレイに定評がある。MUSIC LOVERが集う中目黒Solfa、銀座SUKIBARなどを中心に東京のUNDERGROUND DANCE MUSICシーンで活動中。


RYJZ1

2000年初頭から渋谷familyを中心に活動。

R&Bイベント【HOLD ON】に参加中。


DJ OKU

(selective records)

名古屋や大阪を拠点に数々のクラブで活動を行い、現在はTalkBox BENとのユニット「Funkcuts」として東京にて活動中。


DJ MASA

DJ MURO氏のミックステープに影響を受けDJを始める。

以後HIPHOPを軸に幅広い選曲で都内を中心に活動。

2020年より気の合うDJ仲間とイベントを始動予定!


P

1996年生まれ。高校時代にベランダでバーベキューを行い停学、時間を有効活用しようとDIGを開始。


Nat Monk records

音楽レーベル 所属 アーティスト Vue du monde

0コメント

  • 1000 / 1000